byebyeblues TOKYO

〒100-6401 東京都千代田区丸の内2-7-3
東京ビルディング1階104(東京トキアビル)
TEL 03-6812-2131

Concept

パトリツィアが腕を振るうパレルモの「bye bye blues(バイバイブルース)」では、オリーブオイルや野菜、果物、スパイス、さらには地中海の魚介類をふんだんに使いながら、クリエイティビティ溢れる食材の組み合わせで、おどろくほど軽やかで食後の満足感が高い料理を提供しています。

日本店にあたる「byebyeblues TOKYO(バイバイブルース トウキョウ)」では、「bye bye blues」の料理をそのまま持ってきていますが、唯一異なることは、パトリツィア自ら日本の産地をまわって出会った日本の食材を使っていることです。

さらに日本に居ながらシチリアのリストランテにいるかのような「夕日が沈むシチリアの海」をイメージした店内で、リラックスした雰囲気のなか、東京・丸の内でしか体験できない「イタリアと時差のないリストランテ」の味をお楽しみくださいませ。

MORE

News

  • ランチ、ディナーメニューを更新しました

  • 「byebyeblues TOKYO」 オープンのお知らせ

    2022年11月24日(木)、東京・丸の内へSALONEグループの新店舗となるbyebyeblues TOKYO(バイバイブルース トウキョウ)がグランドオープン致しました。
    シチリア島の州都パレルモにて、ミシュランガイド10年連続で星を獲得してきた名店『byebyeblues』。現地の味覚や空気をそのままに、新たな感動と体験をお届け致します。
    皆さまのご来店をSALONEグループ一同、心よりお待ち申し上げます。

  • 【お客様各位】

    平素よりbyebyebluesTOKYOをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
    2023年8月1日よりディナータイムのコースを追加致しました。
    ディナーのフルコースを、リーズナブルな価格帯で、より気軽に皆様がお楽しみ下されば幸いです。

    【Cena degstazione a otto portate】
    全8品ディナーコース¥13,200(税込)
    ※ 別途、サービス料10%を加算させて頂きます。

    期間限定でのご用意ですので、この機会に是非足をお運び下さいませ。

  • キャンセルポリシー

    御予約時間を過ぎた場合、ご連絡のないキャンセルにつきましては、御予約人数分のコース料金を100%ご請求申し受けます。誠に恐れ入りますが、予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 感染予防対策について

    お客様各位平素よりSALONEグループをご愛顧頂き誠にありがとうございます。 当グループ全店ではお客様に安心・安前にお食事を楽しん頂けますよう、基礎的感染予防対策を施し皆さまをお出迎えさせて頂きます。ごゆっくりとお食事のお時間をお楽しみ頂ければ幸いです。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。2023.04.01

Chefs

パトリツィア ディ ベネデット

Patrizia Di Benedetto

ロンドンやフランスのマルセイユ付近のレストランを経て、1990年にモンデッロに戻り「bye bye blues」をオープン。当初はサンドイッチを出すようなアメリカンスタイルのバールでしたが彼女の料理が評判になり、ハイエンドなレストランへと業態を移行。1997年「エスプレッソ」誌にて「最高のペストリー賞」を受賞。2010年には、シチリアの女性シェフとして初めて「ミシュランガイド」で一つ星を獲得。以来10年間星を獲得し続ける。bye bye bluesとSALONEグループの20年の交流を経て「日本で、bye bye bluesの支店を出したい」というのはパトリツィア氏のかねてからの夢と「イタリアと時差のないリストランテ」を伝えることをテーマにしてきたSALONEグループとの思いが重なり2022年11月丸の内に「byebyeblues TOKYO」総料理長として就任。

永島 義国

Yoshikuni Eijima

1975年新潟生まれ。19歳でイタリア料理の道に入り、29歳で渡伊。5年間でロンバルディア州、ヴェネト州、リグーリア州、エミリア・ロマーニャ州、トスカーナ州、シチリア州の星付きレストランなど計8店で修業する。帰国後、2014年よりサローネグループに入社。2015年横浜「SALONE2007」のシェフに就任。2018年日比谷「SALONE TOKYO」シェフに就く。そして2022年丸の内「byebyeblues TOKYO」オープンにあたりシチリアの経験を生かすべくシェフに就任。

渡辺 政彦

Masahiko Watanabe

1988年神奈川県生まれ。大学卒業後、都内のレストランで約3年半勤務後、サローネグループへ入社。横浜「SALONE2007」でサービスとして接客を学んだ後、2015年5月キッチンへ異動し、料理人としての経験を積む。2016年9月に茅場町にシチリア料理「L'ottocento」のオープンと同時に異動。2018年9月に同店のシェフに就任。ソムリエ資格を取得し、ワインとのペアリングにも力を入れる。2022年12月に丸の内「byebyeblues TOKYO」オープンにあたり前店と同じくシチリア料理の経験を活かしシェフに就任。

Access

サローネグループ
求人のお知らせ

サローネグループの想いを綴ったnoteを公開しています。
ぜひご一読ください。
https://note.com/fair_ixia251

当グループでは共にレストランを盛り上げてくださる人材を募集しています。
丸の内、日比谷、渋谷、南青山、横浜、大阪の各店で、料理長候補・支配人候補・キッチンスタッフ・サービススタッフとして、働いてみませんか? 下記番号までお気軽にお問い合わせ下さい。

求人専用TEL

090-2558-6414(採用担当 樋口 宛)